お年賀。


H:どうも、HYO(ヒョ)です。
  明けましておめでとう御座います。
  今年もよろしくお願いします。

彩:おっ、HYOさん、今年は随分と丁寧な挨拶ができましたね、びっくりです。

深:どうも当麻深紅(とうま みく)です。
    旧年は多大なご愛顧を賜り大変お世話になりました。
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


H:さて・・・?

彩:?

H:彩菜おめーだけだ、ちゃんと挨拶できなかったのはっ!!(←顔面パンチ)

彩:ふぐぉおおぅ、
  ひんねんほうほうらへは
(新年早々だけは)
  ほーふゅうのらめれれららい!!
(そういうのやめてください!!)

深:・・・あいかわらずっす。


彩:改めまして片瀬彩菜
(かたせ 彩菜)です、あけおめことよろっ。

H:よしよし、よくやったな。


彩:HYOさんに褒められた・・・、褒められた!!

深:よかったですね。

彩:ところでHYOさん、新年あけましたが何か抱負とかでも言い合いますか?

H:なんで?

彩:「なんでっ」て・・・、いいあいましょーよー、ほ・う・ふ。

H:あー、特に考えてなかったからなー。

深:じゃあ、私からいいですか、いいですね、言いますよ?

彩:どうぞ!

深:今年は出番が、・・・多くなるよ・・・う、・・・ハァ。

彩:あらら、
  豊富を言いながらHYOさんを見て絶望しちゃったぞ?


H:あー、そうだよ、遅筆だよ、CG1枚描くのに1カ月かかんだよ、時間がねーんだよ、集中力がねーんだよ、シムシティ(4)がおもしれーんだよ。

彩:そうですね、HYOさんの遅筆っぷりは皆さんよくご存知かもしれませんね、あり得ないほど遅いです、だから同人誌とかも出ないんです。(笑)

H:わらうな!(彩菜のポニーテールをむんずと掴んでブンブン振ってやる)

彩:うっ、ぐっ、あっ、ひっ、やっ、めぇー、てっ・・・!!

深:彩菜さんは決まりましたー?

彩:うん、HYOさんの射程にあまり入らないようにする。

H:・・・いつでも発射準備を整えておく。

彩:むむむ。

H:ふっふっふ。

深:ああっ、なんだか緊迫した雰囲気、開戦間近の予感!!

H:くだらん、私は帰る。
  帰ってお笑い番組でも観るから、シメはまかせたぞい。


彩:えっ、えっ、どうしましょー。
  急に二人になっても進行できませんよう。


深:やめておきましょーよ。

彩:えー、だって折角の超雑談なんだよ、前回覚えてる?
  前回もあけおめネ夕だったんだよ。
  1年間も更新なかったんだぞー?


深:・・・私、前回出てねっす。

彩:うーんと、そうだな、そうだな・・・じゃあ、干支でお話とかっ。

深:牛っすね、丑。

彩:そうだね。

深:・・・

彩:・・・・・・そーだ、
  HYOさんからおとし玉もらってなーい。


:くれないと思いますよ。

彩:そっか、・・・・・・・・・・・話がつづかーんっ!!

深:ネタがありません、万策(?)尽きました、絶体絶命です艦長、もうこれ以上は耐えられません!!

彩:うむ、これまでか、みんなよくやった。
  これより総員直ちに当艦から離脱し・・いたぁーいっふぇっふぇっふぇっふぇっ!!

H:くだらねぇな。(彩菜の両頬をつねっている)

深:ああっ、今度は両頬をおもいっきり引っ張りだしました!
  ちぎれそーです!!


彩:ふゅいふぁふふぇええ、
  らっふぇ(だって)、
  ふふほははへふほほ(すぐ終わらせるのは)
  ほっはいははっははら(もったいなかったから)・・・。

H:もういいよな?


彩:ハイ。

深:ハイ

H:じゃあな。

深:今度はちゃんとネタをきめてから始めましょうね。

彩:これこそが超雑談なんです。

H:見苦しいぞ、言い訳なんて。